お待たせしました毛玉ほぐし取り加工登場!

日頃より、お客様よりご要望いただいていた、毛玉取り加工ですが、正直あまり自信がなく表立っての加工提案はやってきてはいませんでした。というのも、毛玉を取るということは繊維を切ることになるから、やはり抵抗感があります。お洋服のメンテナンスを行うクリーニング業にとってはそれは、いかがなものかという部分とお客様の声に答えてあげたい。毛玉のついているお洋服をそのままお返しするのは忍びないとの気持ちとの葛藤が、湧き上がります。そもそも毛玉とは・・・・

毛玉とは・・・

セーターやカーディガンだけでなく、コートやトレーナーなどでも発生する毛玉。いつの間にかできてしまうのですが、どうしてできるのだろうか?毛玉は、着用時の摩擦(繊維同士の擦れ、カバンなどとの擦れ)によって生じる現象です。その発生は、生地の表面が摩擦などの作用を受け、繊維の先端が毛羽となり、それらが束を作り絡み合って「毛玉」を生みだします。

どんなところに発生するのか?

毛玉は脇・袖・ひじ・膝など、繊維同士が擦れやすい箇所や背中・腕の外側・ももうら・肩など、繊維が背もたれや机・テーブルや椅子やカバンなどに擦れやすい箇所に発生しやすい現象です。最近ではリュックサックによる摩擦も多数見受けられます。

どんな素材に発生するのか?

羊毛などのウール繊維だけではなく、合成繊維などの様々な素材で発生します。繊維が丈夫で毛羽立ちにくくても、その分、脱落しにくいため表面に絡み合って脱落せず、その分毛玉が出来やすいとも言えます。

毛玉をできないようにするには?

まずは普段から、毛羽立ちを少しでも感じたらブラッシングしておくと毛玉はできにくいものです。髪の毛にブラシをするの同じです。ブラシやお手入れを怠るとできてしまうので、普段のお手入れが一番です。適度なクリーニングでお洋服のダメージをケアすることも大切です。柔軟剤や加工剤などを使用するのも毛玉防止にはなります。

毛玉ができてしまったら?

やはり、まずはブラッシングが一番ですが、できれば毛玉をほぐしながらできる専用のブラシを使用するのが一番です。当店で販売している毛玉ほぐし取りブラシは最適です!

▶︎業務用!クリーニング店が厳選した販売品一覧はこちら▶︎

それならブラシを使ってできる限り、絡んだ毛玉をほぐし、それでも残る毛玉だけを除去する。毛玉ほぐしブラシを使えばそのとれる毛玉の大きさを見れば一目瞭然です。

しかし、正直面倒だという方は・・・
当店で、この毛玉ほぐし取りブラシを使って毛玉を取る加工を始めました。結構手間なのですが、できる限り対応することとなりました。

毛玉ほぐし取り加工

有料での取り扱いとなりますが、先着順で受け付けてまいります。手間がかかるため、受付状況によってはクリーニング受付時と同時で受けられない場合もございますのでご容赦ください。できるだけ除去いたしますが、全てお取り切ることは難しいかと思われます。ご家庭で毛玉ほぐしブラシを購入され、毛玉ほぐしをする手間の代行をさせていただく加工とご理解ください。