革の種類

皮革製品といっても様々なものが存在します。
製造工程の違いや表面加工の違い、動物の違いなど・・・

銀付革

天然の革の銀面(表面)を活かしたもので、カゼインおよびラッカー仕上げされるものもあり、美しい銀面と優れた耐久性、快適な使用感を備えた銀付革は紳士靴、婦人靴、鞄、袋物、ベルト、衣類などに用いられます。

ガラス張り革

乾燥の工程で、革をガラス板(またはホーロー鉄板)に張り付けて乾燥し、銀面をサンドペーパーで削り、合成樹脂を塗装して仕上げたものです。原料はおもに成牛皮。銀面が均一になるので裁断歩留まりは良いが、銀付革にくらべて革本来の風合いが劣ります。靴甲革、鞄などに用いられます。

スエード革

革の肉面をサンドペーパーで毛羽立てて、ベルベット状に起毛させて仕上げた革で、おもに子牛皮や山羊皮などからつくられます。シルキースエードは高級品です。靴甲革、ハンドバッグ、衣類などに用いられます。

バックスキン革

鹿皮の銀面を除去し、毛羽立てた革。きわめて柔軟であり、スエードと同様の用途に使われるので、スエードと混同して呼ばれることがあります。

ヌバック革

スエードと異なり、革の銀面をサンドペーパーで毛羽立てた革。スエードと比較すると毛羽が非常に短くビロード状です。高級品は子牛皮を原料としますが、成牛皮やそのほかの動物皮からもつくられます。靴甲革、袋物、衣類などに用いられます。

エナメル革

パテントレザーともいわれます。本来、革の銀面にボイルアマニ油またはワニスの塗布と乾燥を繰り返し、光沢のある強い被膜をつくって仕上げていましたが、現在は、ウレタンなどの耐摩耗性で、光沢のある合成樹脂仕上げ剤が用いられます。紳士靴、婦人靴の甲革、ハンドバッグなどに用いられます。

床革

成牛皮のように厚い皮を2層か3層に分割して得られた、銀面をもたない床皮を原料とした革。作業用手袋、スポーツ靴などに用いられます。最近では、ラミネート革として用途が広がってきています。

型押し革

革の仕上げ塗装面に加熱高圧プレスで型をつけたものです。靴、ハンドバッグ、ケース、衣類などに用いられます。

ベロア革

成牛皮などの大動物皮の肉面を起毛した毛足のやや長いもの。靴などに用いられます。

ヌメ革

牛皮の植物タンニン鞣し革です。ベルト、鞄、小物やレザークラフトに用いられます。

このように様々な加工などが施されておりますので
通常のお洋服のようなクリーニングでは無理が生じます。

場合によっては洗うだけでなく
色の補正などが必要となるため
専門店の技術が大切になります。

前の記事

皮→革へ