スカートの種類

スカートの種類もたくさんあります。
その代表的なものを調べてみました。

タイトスカート

身体のラインに沿って、ウエストから裾までぴったりとフィットするシルエットのスカートです。
ギャザーが入っていないスカート。
タイトスカートは、スーツスタイルやオフィスシーンで着用する機会が多いようです。

フレアスカート

朝顔のようにふわっと広がったシルエットのスカート。
裾に行くほど波のような形状になっているので、優雅なイメージ。
雰囲気を持ったデザインが多い。

プリーツスカート

プリーツとは、「ひだ」のこと。
ひだを繰り返し重ねたスカートのこと。

バルーンスカート

ウエスト部分や裾部分にギャザーを寄せ、丸く柔らかいふくらみを持たせたスカート。
風船のように見えることから、この名称で呼ばれる。

マーメイドスカート

裾の部分が広がったシルエットのスカート。
マーメイドの尾びれのように見えるため、マーメイドスカートと呼ばれる。
エレガントな印象を与え、ドレスにもよく見られるデザイン。

ティアードスカート

ティアードは、「段々に重ねた、積んだ」という意味。
布を重ねている形状のスカート。

まだまだ細かなことを言うとたくさんあるのですが
よくあるスカートをあげてみました。

しかし、これだけでも
オシャレな感じですよね。

前の記事

スカートとは

次の記事

スカートの丈