ハロウィンクリーニング

今や舶来の行事にもかかわらず、いつの間にか市民権を得たハロウィン。

毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、

現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、

子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

イベント感だけが一人歩きをしている部分では日本もよくあること。

そのハロウィンで特に習慣で、仮装して子どもたちが練り歩き、窓をたたき”Trick or Treat”と言ってお菓子をねだるのは、

祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子を まねたもので、中世のなごりらしい。

『Trick or Treat !』お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!という意味ですが、

『Crush or Cleaning !』クリーニングしないと、お洋服が壊れちゃうぞ!

なんて言いながらクリーニングを集めるイベントにできないものだろうかと、真剣に考えてしまいます。

次の記事

10月の別名は